• 横浜市鶴見区で明るく安心して住める家をお届けします

ようこそ! 鶴見の不動産会社マウンテン/賃貸・売買・シェアハウス

  • HOME
  • FAQ: 賃貸
  • アパートが競売になったらどうなるのでしょうか?
賃貸

Q. アパートが競売になったらどうなるのでしょうか?

入居しているアパートが競売になり、落札されました。
新しい所有者は、「出て行って欲しい、敷金も引き継いでいない」と言っています。
どうすればいいでしょうか。

A.

抵当権設定登記がされている建物を借り、その建物が落札された場合、

①平成16年4月1日以降にその賃貸借契約を締結した場合は、原則として新しい所有者(競落人)に賃借権が主張できず、退去を求められれば6か月以内に、建物を明け渡さなければなりません。なお、敷金の返還を新所有者に求めることはできません。

②平成16年3月31日までに賃貸借契約を締結した場合(更新した場合を含みます)は、契約期間が3年以内の短期賃貸借であれば、競落後であってもその契約期間が満了するまでは住むことができ、敷金の返還も新所有者に請求することができます。

ただし、差押(競売開始決定)後に、賃貸借契約や更新契約をした場合には、①②にかかわらず、競落(買受)人に賃借権を主張することはできませんので、新所有権から立退きを求められたら明渡しを拒むことはできません。
データ更新日:2015/01/30