• 横浜市鶴見区で明るく安心して住める家をお届けします

ようこそ! 鶴見の不動産会社マウンテン/賃貸・売買・シェアハウス

  • HOME
  • FAQ: 売買
  • 広告にある実測面積、公簿面積とは、どういう意味ですか?
売買

Q. 広告にある実測面積、公簿面積とは、どういう意味ですか?

広告にある実測面、公簿面積とは、どういう意味ですか?

A.

実測面積とは、測量に基づいて算出された面積になります。それに対し、公簿面積とは登記簿に記載されている面積になります。

土地の登記簿に記載されている公簿面積が実際と異なる場合や、造成後の土地のため売買契約後の確定測量によって初めて面積が明らかになる場合などは、この実測面積を用いて取引を行うことが多いです。
データ更新日:2015/03/30